様々な不満もETCカードで解消

高速道路を使用していて困ったことは様々ですが、その理由は料金の支払いに関することがかなり多くあります。

料金支払いブースで、係員に現金を支払う必要がある場合、ブースに近づく際幅寄せを行うのが不安な方も多いでしょう。

その他にも、お金や小銭がなかなかスムーズに出せなかったり、大雨が降りしきる中、後続車に気を使って屋根のない遠い距離から雨が差し込んでくるなか窓を開けて、支払いを行うためにスタンバイして右手だけずぶ濡れになってしまったりすることもあります。

また、炎天下や厳寒のなか、せっかく車内をエアコンで調節して快適な温度で安定された頃に、また料金に支払い時に窓を開け支払わなければいけなかったり、窓を開閉するたびに入り込んでくる排気ガスなどがあります。

これら料金の受け渡しの際には、いい思いがないことが多かったのではないでしょうか。

そういった不満も、ETCカードの利用で、不必要に窓を開閉することなく、ETCレーンを減速通過するだけで簡単に行えます。

利用に際しては、ETC車載器を購入し設置を行った上で、ETCカードを車載器に差し込むだけで利用可能なので、今まで不満だった事柄からも開放されることと思います。

ETC料金の支払いブースは、『ETC専用』と表示されたETCカード利用者のみ利用できるブースと、『ETC/一般』と表示された一般の支払い、ETCカード利用者の支払いと両方できる2種類があります。