車載器はETCカードにとって欠かせない

高速道路などで、円滑に料金の支払いが行えるETCカードシステムを利用する際には、ETC車載器が必要になり、この車載器には大きく分けて3タイプの車載器があるそうです。

ビルトインタイプと呼ばれているものは、車内のインテリアを損ねることなく見た目にもスッキリしているので、各自動車メーカーが製造を行っており、車の購入時にすでにルームミラーや車載パネルに組み込まれていることが多いようです。

そして2ピースタイプと呼ばれる車載器は、ダッシュボードなどに取り付けETCカードと、2つのセットで使用されていることからそう呼ばれているようです。

そしてもう1点、3ピースと呼ばれるものもあり、これは運転や乗車の際に、邪魔にならない自由な場所に設置が可能で、カードを差し込み、更に窓のミラー付近にアンテナを取り付ける3部構成であることから3ピースと呼ばれているようです。

またこの車載器の取り付けに関して、NEXCOインターネットサイトでも案内されていますが、メーカーの指定する方法以外でアンテナの向きを変えたり、電源の取り込み方を変えるとETCシステムの利用違反となるため利用することができなくなります。

セットアップを行ってくれる店舗での取り付けや、再取り付けなどを行うことはできないのですが、インターネットなどで適切でない方法で取り付けることを案内しているケースがあるようですので十分に気をつけてください。